ベトナム戦争(1960年〜1975年)

ベトナム戦争(1960年~1975年)

 

ベトナム戦争について分かりやすくまとめました。


 1885年

ベトナム全土がフランスによって完全支配されます。

(このフランスによる完全支配は約60年間続きます)

 

1939年 

第2次世界大戦がはじまります。

 

1940年

当時、ドイツと戦争をしていたフランスが敗れます。

そこにつけこんだ日本軍があっというまにベトナム進出して占領してしまいました。これがいわゆる仏印進駐です。

 

1941年

植民地からの独立を求めるベトミン(ベトナム独立同盟会)が、ホー・チ・ミンによって結成されます。

 

ベトミンはインドシナ共産党を中心に結成されました。

 

1945年

日本が戦争に負けると、日本はベトナムから撤退しました。

日本に占領されていたベトナムは「独立するぞー!」と喜びました。

この年に、ホー・チ・ミンがベトナム民主共和国の誕生を宣言。

 

、再びフランスがやってきます。

やっとつかんだ独立のチャンス!ベトナムの人たちはフランスに激しく抵抗します。

 

1946年

 

ベトミンは、北部にベトナム民主共和国を樹立。

東南アジア最初社会主義国家

 

フランスは、南部にコーチシナ共和国(ベトナム国)を樹立。

→フランスの傀儡国家(つまりフランスが南部を統治)

 

もともと北部はフランスの植民地でしたから、フランスは北部の独立を認めたくありません。

 

フランスと北ベトナムの戦い、インドシナ戦争がはじまります。

 

ベトミン軍は、中国と世界中の共産化を目指すソ連から援助を受けます。フランスはアメリカから援助を受けます。

 

1954年

めでたくベトミンが勝利

 

、今度はアメリカがやってきました。

 

1955年

アメリカの影響を受け、南部にベトナム共和国(通称:南ベトナム)が樹立。

共産主義派の北ベトナムと、資本主義派の南ベトナムに分断されました。

 

こうしてベトナム戦争が勃発!

 

アメリカは北部を手に入れようと、どんどん兵を送り込むようになります。

ん…なぜアメリカがベトナムに?

 

アメリカは、あるひとつの国が共産主義化すれば、ドミノ倒しのように近隣の国が共産主義化してしまう…と考えていました。

ドミノ理論

 

当時、反共産党政策をとるアメリカは、世界中の共産化を目指すソ連と仲が良いベトナム民主共和国を占領しようと必死だったのです。

 

冷戦構造共産主義・社会主義陣営資本主義・自由主義陣営の対立)にあったのです。

 

1960年

反アメリカをとるベトコン(南ベトナム解放民族戦線)が結成されます。

 

アメリカは南ベトナムにおける共産主義の浸透を止めるため、そしてベトコンを壊滅させるため、クラスター爆弾ナパーム弾を使って攻撃をしました。

 

ベトナムにはたくさんジャングルがあり、ベトコンは、そのジャングルに隠れアメリカに対抗しました。

アメリカはジャングルを何よりも嫌いました。

そこでアメリカが使用したのが枯葉剤です。

 

1964年

ある事件をきっかけにアメリカが本格的に軍事介入をします。

 

アメリカは、最盛期で一度に54万人の軍人を投入したこともありました。兵士だけでなく、大人も子どもも関係なく皆殺しにしていきます。

 

しかし、アメリカはなかなかベトナムに勝てません。

 

次第にアメリカでは反戦運動が高まります。

反戦運動の背景にはメディアの発達がありました。 

 

1975年

アメリカはベトナムからひくことになりました。

ベトナム戦争の終わりです。

 

1976年

ベトナム社会主義共和国が成立して統一されました。

 

 

読んだ本の紹介

 

ベトナム戦争−民衆にとっての戦場

ベトナム戦争―民衆にとっての戦場 (歴史文化セレクション)

新品価格
¥2,376から
(2014/11/30 18:46時点)

 

ベトナム 戦争と平和

カラー版 ベトナム 戦争と平和 (岩波新書 新赤版 (962))

新品価格
¥1,188から
(2014/12/10 20:04時点)

 

母は枯れ葉剤を浴びた

母は枯葉剤を浴びた―ダイオキシンの傷あと (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,102から
(2014/12/10 20:06時点)