リバーサイドから眺めるトンレサップ川

リバーサイドから

 taken by kazushi

 

日本へ帰ってきました!みたいな写真ですが、これは首都プノンペンの観光客で賑わうリバーサイドから撮影した夜景です。写真に写るトンレサップ川は、東南アジア最大の淡水湖であるトンレサップ湖と、東南アジア最長の川であるメコン川を繋ぐ川で、長さは150kmにもなります。

 

リバーサイドから

taken by kazushi

 

川沿いにはたくさんのベンチが並び、涼んだり、夜景を眺めることができます。観光客だけでなく、地元の人たちも大勢集まるローカルスポットにもなっています。日本で言うと横浜のような所です。

 

リバーサイドから

taken by kazushi

 

休日にはたくさんの遊覧船が行きかいます。レストランに行けば、夜景を眺めながら食事をすることができます。3年前、川沿いにある「タイタニック レストラン(http://bopha-phnompenh.com/)」で食事をしたことがありました。このレストランは船内をイメージした造りになっていて、船に乗っていなくても船に乗っている気分で食事をすることができます。

 

なんとこのトンレサップ川、雨季になると川の流れが逆になります。雨季が始まるとメコン川の水位が増し、トンレサップ湖の水位を上回るとメコン川が逆流し始め、ついにはトンレサップ湖へ流れ込むのです。そのためトンレサップ湖は、雨季には6倍もの大きさになり、深さは10メートルにまで達します。


今後機会があれば、リバーサイドを望む対岸へ行って、記事にしようと思います!

 

この記事に関連する本の紹介

 

地球の歩き方 アンコールワットとカンボジア 2015

新品価格
¥1,836から

 

旅の指さし会話帳〈19〉カンボジア

新品価格
¥1,790から